雀魂プレイヤーの集い

雀愉Discordマニュアル

 初めましての人は初めまして。二度目の人は雀愉に入りましょう。
 雀魂の愉快な仲間達のモアイです。Discordに入り浸ってたらブログのライター募集を見かけたので、立候補して書けるようにしてもらいました。

 今回は「Discordに新しい人来てほしいなあ」ということで雀魂の愉快な仲間達Discord(以下雀愉Discord)についての説明を書いていこうと思います。

 ただし1チャンネルごとにそこそこの説明を付けるつもりなので結構量があります。Discord初心者向けの説明もあるので、要らない場合は下のリンクで「雀愉Discordはどんなところなのか」まで飛ばしちゃってOKです。

そもそもDiscordって何?

 Discordはゲーマー向けの通話/チャットアプリです。以前はSkypeがよくつかわれていたジャンルですね。

 特色としては「GoLive機能で自分の画面を通話で配信することが出来る」ことや「用途ごとにチャンネルを分けて人ごとにどこに行き来できるかの権限設定が出来る」ことあたりだと思います。

 また、チャンネル内で画像からスタンプを設定することもできるので気軽にスタンプ登録も出来ます。

 うちもやりたい放題やってます。現状は有料コースのDiscordNitro加入者限定で使えるアニメスタンプとしてですが、我が家にカカポがやってきました。

雀愉Discordはどんなところなのか

 雀愉Discordの特徴としては「やけに強い人が多いこと」ですね。常連に四麻魂天が4人、100位以内(6/20現在)の雀聖が4人います。あと珍しくこのサーバーは三麻が活発雀聖1以上は10人います。
 参加人数が2020年6月地点で400人以上いますからどの層も結構な人数います。

 んで!!  ↑の影響でよく間違えられるらしいんですが、雀愉は麻雀ガチ勢の集うガチガチDiscordサーバーだと思われてるそうで、そのイメージの払拭がこの記事の動機の1つになってます。

 雀愉はガチ勢はいますが全然麻雀ガチサーバーじゃないです。記事書いてる今も雀聖と雀豪2人がノドグロ脂乗りすぎててやばい!炊き込みご飯だと味が余さず染みててヤバい!!って話してますからね。
 全くそんなことはないです。分量で言えば8:2くらいだと思います。麻雀が2です。炊き込みご飯のノドグロくらいです。

 でもちゃんと麻雀の話はします。いわゆる何切る牌譜検討もします。
 あと雀魂がブレイクして初心者が増えてからは、どうしても麻雀の話って麻雀用語と切り離せないし、量が量なので導入下手だとそれだけで離れちゃうよね…って話題が新人も増えた影響かよく見られるようになりました。
 下の空白は余談を白反転させたものなので気になる方だけどうぞ。

一気に教えようとして「それは雀豪行ってから実践してくれればいいよ…」って難易度のテクを初心者に導入しちゃったり、「それ俺らは当たり前に使ってるけど初心者には単語の導入要るぞ」って用語を多用しちゃったりするのはどこでもあるみたいですね。麻雀始めてくれた人をみすみすそんなところで逃したくないんで気を付けないとですね。

 余談の余談ですが、こっちは余談なのに重要度が高いので反転はしません。
麻雀の教科書こと「現代麻雀技術論」を手掛け、今このサーバーの常連になっているネマタさんが「麻雀用語を使わない麻雀講座」記事というものを考えてるそうです。
 初心者が用語で導入につまずくケースは少なくないですし、是非ともほしいところですね…。

簡単なチャンネル説明

 Discordは一つのグループの下に複数のチャンネルを作ることができます。Discordを使い慣れてる人には「そうだな?」以上の感想は無いと思いますが、Discordも雀愉もよくわからん…って人も少なからずいると思うので、せめて雀愉の方は分かるよう入ったときに使えるチャンネルの説明もしようと思います。

 この画像内の#麻雀トークや#雑談のような一つ一つがチャンネルと呼ばれています。
 ざっくり画面内のを説明すると

  • 麻雀トーク(麻雀の話をする時に使うところ)
  • 牌譜貼るとこ(珍事件が起きた牌譜やアーカイブしたい牌譜も貼りますが牌譜検討を希望する牌譜を貼ってるケースが多いです)
  • 牌譜検証質疑応答(↑ので貼られた牌譜を検討する場所です。以前は貼るとこと一緒だったんですが1検討で数十行ログが流れるんで検討漏れ多くて別れました)
  • 麻雀何切ろうどうしよう(何切るを提案するところです。多分ここが一番頻度高く麻雀の話してると思います)
  • 対局者募集エリア(友人戦募集をかけるところです)
  • botコマンド実行用(話すと長くなるので割愛)
  • 雑談(一番Discordで活発な場所です。最近あんまり活発なので新人の人に「ゴールデンタイムは通知やばいから雑談は通知OFFにしておけ」というお達しが出ました)

 チャンネルの量としてはこれで半分行かないくらいですが、大体この画面の範囲をうろついてれば大丈夫だと思います。

え?その下?なんのことやらさっぱり

 後はボイスチャットもあります。もちろんミュートでの参加でも大歓迎です。

Discord加入方法

ここまでの説明でひとまず「雀愉Discordを覗いてみるか」となった方は
是非とも下のリンクからDiscordに参加してもらえると幸いです。
リンククリック→参加するでDiscordへの参加が出来ます。
 雀愉Discordに参加する  雀愉Discordに参加しない

言ってしまうと参加者も400人いて、既に常連も管理者も全容の把握が出来てないので「入ってから何も発言しないままだいぶ時間空いちゃって話題に参加しづらいな」って時は気にせず発言してもらえれば大丈夫です。
それを見越しての参加でも構いません。

その点に関しては多分誰も気付けません。最近入ったフリして参加すれば全員騙せます

 筆が乗って書きすぎた気はしますが、これを見て安心してDiscordに来てくれる人がいると嬉しいですね。

 多分次は別記事(サーバー内での興味深い何切るや牌譜検討のレポートあたり?)を書くと思うので機会があればそこで会いましょう。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。