雀魂プレイヤーの集い

最強雀士の闘牌伝実戦記その6

最終戦 https://tenhou.net/0/?log=2020080821gm-0009-15078-1efb4270&tw=0

 下家のanさんトップ自分ラス以外優勝で開局の配牌がこれ。勝ちましたね。

下家がダブルリーチ…??? しかもツモ切りということは地和チャンス。最終戦でとんでもないドラマが待ち受けていました。

 が切れてリャンメンに当たらず。役牌の1翻がつかない。まだアガリの目を完全に消したくないということでを切ると裏が乗って8000放銃。「これまでの無様なミスのうち一つでもしていなければ優勝のはずが逆転」。完全に現実味を帯びてきました。

 いきなり挽回の手が入るも単騎選択が噛み合ずアガリ逃し。しかしanさんが手詰まりでどらさんに5200放銃。anさんがトップを取りさえしなければ優勝なので、お二人に頑張ってもらうことにしましょう。

 自分がラス以外でも優勝。ニコラスさんに放銃する分には問題ないのでここは勝負。結果は何とも芸術的な12000に振り込み。後はラス確でもいいのでanさんのトップを阻止するのみ。断ラスなのに安手でひたすら局消化。大会戦の経験が浅い私にとっては何とも新鮮な体験でした。

 いよいよオーラス。anさんが逆転するには倍満出アガリかどらさんからの満貫直撃。もしくはリーチ棒が出てからの跳満ツモ。こちらは自力で十分にアガリに向かえる手。

 これなら勝ったとホッとしたのも束の間。ニコラスさんのリーチにanさんが追っかけ。「リーチ棒が出てからの跳満ツモアガリ」。まさか逆転されてしまうのでしょうか?

 アガって裏ドラがであることに賭けるか、見逃して一発か裏1か赤5ツモに賭けるか。後者の可能性が高そうですがanさんはアガることを選択。裏ドラは…乗らず! 私の優勝が決まりました。

 この展開で最終戦のオーラスに危うく逆転されそうになるのも私くらいなものでしょう。同卓者の皆様、熱い勝負をありがとうございました!

コメント (2)
  1. ネマタ(音叉) より:

    コメントありがとうございます。逆転手が出来ているのかと思ってヒヤヒヤさせられました。

  2. an_ より:

    おらす、私がおいっかけリーチをして、でも、おやよりまちがわるいとおもって、そして細かい計算していなかって跳満ツモで足りるかどうかよくわかりませんでした。2s出たとき、時間がなくて、2着でいいよと判断した。やっぱり見逃しのほうがいいだったね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。