雀魂プレイヤーの集い

雀力を引き上げる基本講座part1

初めまして私バン崎です。
麻雀は加点を増やし、減点を減らし、1位を目指す為のゲームです。
加点=和了
減点=放銃
はやっていればわかると思いますが…加点の仕方がイマイチだめな人や減点を減らそうと意識しすぎるあまり加点があまり無い人が多いと思います。
これはデジタルでもオカルトでもありません。
単純に麻雀をもっと知れば勝手分かるものです。
オカルトやデジタルはそれを知ってからと私は思いますのでその前段階の講座になります。
ちょっと慣れない為小難しく書いてます。

1、相手の点数差を計算できて当たり前という事実をしろう!

例えばオーラスで

この様な状況になりました。
私はトップとの点数差は5600点です。
これを見てる方はどうされますか?
「マンガンを作って上がれば良いやろ!」
と思う方は結構適当にしている方と私はすぐ思います。

ではあなたがこの状況下で平和ドラ1を聴牌しました。
ここでの判断でtopを取るか取らないかの差になります。
裏1条件で立直と言う方をも多いでしょう。
まあそれが一番良い選択でもあります。
1位or2位ですが裏乗れば1位と言う方も多いはず
たまに見受けるのがダマにして2位を確実に取る方もいるかも知れませんが上の画像状況でそれをされるとまあ勝てないでしょうねと言われる原因につながると思って良いでしょう。

私は段位戦とかなら裏1条件で曲げるのですが、本当に1位が必要な際は、立直して出上がりを無視して、ツモ狙いで立直を打ちます。
それの方が成功すればですが100%トップになります。
西家が私と5600点差
私が立直ツモ平和ドラ1で5200点の収入
を見るだけだとトップじゃなさそうに見えますが、ツモった場合他家点棒をもらうわけですから西家から1300点もらいます。
その1300点は私に来ますのでまずそこだけで2600点差が無くなりました。
後の3000点は親から来る2600と子から来る1300でTOPになる訳であります

※拾い物を軽く編集しただけなので上画像の通りに書いている為少しおかしいですがご了承ください。

そのようにトップとの点数計算をできるのが普通になります。
例えばtopと10,000点差あってマンガンしかできない手でもツモ狙いのツモ専にすればトップになるとか点数差を計算できるようになれば楽になります。
それによりオーラスでの無駄立直を無くすこともできます。

ただこれができて普通なのが麻雀を強い人達の共通常識であり、どんなに勝てる人でもそこが出来てないと麻雀を運でしてるとしか思われないでしょう。

まずこれができないなら四麻も三麻でも、雀魂で雀豪に行くのはきついし、行ったとしても勝てない可能性が高いと思います。

それをできてない人はオーラスだけでもトップとの差や一つ上の順位の人の点数差を計算し、手役を作ってみましょう。

きっと無駄なことしていたことに少しは気がつくと思います。

※ツモ限定立直は放銃する可能性が増え、順位を落とす可能性も高まる為天鳳や雀魂段位戦では下位の点数差を確認しながら行ってください。
確認せず行うとtop取ろうとしてラスになる事がございますので計算が全てできるようなってから行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。