雀魂プレイヤーの集い

雀魂キャラと学ぶ手役入門その20

いよいよ明日から魂天神社主催大麻雀大会が始まるにゃ 全世界から100万人が参加する史上最大の麻雀大会にゃ!

100万人!? 一飜市にそんなに人を集められる施設ないよ!

もちろんいきなり100万人も集めるわけにはいかないから予選はオンライン麻雀にゃ 四麻でトップのみ勝ち抜け5回戦で1024人にまで絞るにゃ 本戦は一飜市内で行い 同じくトップのみ勝ち抜け5回戦 決勝戦は魂天神社で全世界に実況配信されるにゃ 要は10連続トップを取れば優勝にゃ!

大会形式は勝ち抜けの見込みが無い人が和了って興が削がれるという問題がつきものだけど 何か対策はあるの

チホリスポーツの取材でも似たようなことを聞かれたんにゃけど こんなこともあろうかと特別ルールを用意したにゃ 名付けて一姫スペシャルルールにゃ!
①東南戦
②南3局までは全員子
③南4局は全員親
④和了連荘
⑤和了止め有り
⑥飛び無し
⑦途中流局無し

これなら「目無し問題」も起こらないし 南3局まで連荘無し 南4局だけ得点1.5倍だから時間が長引く問題も緩和されてるね 一姫ちゃんやるじゃない

まあ私が考えたんじゃにゃいけどにゃ 大会の準備も終わって必勝祈願も済ませたにゃ 後はカーヴィのとこに行って占いしてもらうだけにゃ

~占いの館~

麻雀占いなんて 無意味ですね… 占いの結果がどうなっても 結局は対局しに行くでしょう? だったら私に聞く必要ないじゃない

カーヴィさんは一飜市でも屈指の人気占い師だけど 運命を変えようと無駄な抗いをすることを何よりも嫌っているわ 麻雀で勝つための祈願なんてまさに無駄な抗いの極み 案の定聞き入れてもらえなかったわね

どうしてもと言うのなら 50000コインで占ってあげますよ?

30分で5万! 高いにゃ…

これもカーヴィさんなりの優しさね カーヴィさんならその気になれば一飜市内の二流三流の博徒からいくらでもお金を巻き上げられるはず それをやらないのは 彼女が自分の仕事に誇りを持っていることの証 外の世界でも詐欺紛いの占いや宗教が溢れているけど カーヴィーさんはまさに占い師の鑑ね 

麻雀で抗えない運命と聞いて真っ先に思いつくのが天和と地和 配牌で和了していたら どんな手牌だろうと役満 中国古典麻雀の時代からある役だけど中国麻将では不採用 無駄な運要素を排除するという意図かもしれないけど 滅多に出ないし(天和の確率は約1/330530 三麻なら約1/105741) どうせ麻雀は他に排除できない運要素が山ほどあるのだから 私は採用した方が面白いと思うな

運命が常に人の意思によって変化しているとか信じているなんて 私は絶対に認めません 運命は絶対的なのです

カーヴィさんならそう言うだろうけど 天和だって和了っていることに気付けなきゃ和了れない フリテンのダブルリーチを打ったことがある人 私でも何人か知っているわ 人のスキルが運命を変えることもあるんじゃないかな

地和だって実力にゃ 人和(副露の無い第1ツモが来る前にロン和了 役満扱いの場合もあるが点数はルールによってまちまち)は雀魂では採用されてないにゃ 配牌で聴牌していて 他家から出た和了牌を見逃していれば地和を和了っていたのにうっかり和了オートにしてかたらのみ手で和了ってしまったという人も聞いたことあるにゃ 一生に一度かもしれないチャンスをふいにしないよう皆も気をつけるにゃ!

親の第1ツモのことを「天牌」と言うの 天牌による和了だから天和(カンして嶺上牌で和了した場合は天和はつかない)なんだけど 昔は親の第1打牌のことを「地牌」と言ったから 昔の地和は「親の第1打によるロン和了」だったの 今なら条件の厳しい人和ってとこね

人和が地和?ややこしいにゃ

麻雀が中国から日本に伝来してしばらくした昭和初期 「天地人」で三位一体なのだから人和という役も作ろうとなった 親の第1ツモで天和 第1打牌で地和なのだから 子の第1ツモ 第1打牌による和了を人和にしようということになったの 自分のツモ番が過ぎてから和了した場合も人和が成立するから 今の地和+人和より条件が緩やかね

地和が人和?頭がこんがらがってきたにゃ

ちなみに当時の中国にも人和という役があって 現在の日本麻雀で言うところの「河底撈魚」 既に上記の「人和」役を採用した後だったから「河底撈魚」という役名を新たに付けたという話は以前やったわね

人和が河底?思考回路はショート寸前にゃ

人和という名前に抵抗があったのか 子の第1ツモ牌 第1打牌による和了を地和に含める団体もあったらしいわね

またしても人和が地和にゃ どれがどれだかもう分からなくてなってきたにゃ

混乱を防ぐ為に ひとまず最初の定義に帰って 親の第1ツモ牌による和了を天和 第1打牌による和了を地和 子の第1ツモ牌 第1打牌による和了を人和としたのだけど ここで現在の日本麻雀の根幹となるルールの一つ 「一家抛(放銃一家包)」が実験的に採用されるようになったの 

ホーチャンイーチャパオ!

パオの話はこちらを参照にしてもらうとして 放銃一家包ルールによって ただ自分の手を和了るだけのゲームから 他家の攻撃に対して攻めるか降りるか 押し引きも重要な技術性の高いルールになった そこで 偶発的で技術性のない天地人和は一度削除されたの

私は一生に一度でいいから天和を和了ってみたいにゃ 無くすなんて嫌にゃ

そういう声が大きかったのかすぐに天和 地和が復活するのだけど ここにきて 「天和が自摸和了なら地和も自摸和了であるべきだ」として、子の第1ツモ牌による和了 つまり今と同じ定義の「地和」が誕生したの それにともない 「地牌」の定義も「子の第1ツモ牌」になったのね

やっと今の地和に変わったにゃ

変わることも必要ですが…運命はそんな軽いものではありませんよ

この時「人和」は復活しなかったの もちろん人和を採用する団体もあったのだけれど 更に定義が分かれていったわ 戦後になってから再度地和 人和の定義が変わったりもしたのだけど 長くなるからここからはリンク先を参考にしてね 

中の人も書いていて混乱し始めてるにゃ

天和地和があるのに 人和が正式には採用されてないのは 現在の日本麻雀のルールの元となったルールを採用している団体では 一時期から人和を採用しなくなった 採用しようにも定義がバラバラ過ぎてまとめられなかったということかしら トラブルの温床だからというのもありそうね 配牌を取り終えて全員が手牌を確認する前に親が第一打牌を切ってしまい 実は和了っていたと気付いた時には既に子の打牌まで完了していたなんていかにもありそうだものね 

運命の恩賜はすぐそこに迫ってきています…決して逃してはなりませんよ

~少女魂天神社に帰還中~

結局明日の牌運を占ってもらうことは出来なかったけど 無料でお話を聞かせてもらったから良かったかな

運命は自分の手で切り開くしかないにゃ!

ところで一姫ちゃん 優勝したら願いが何でも一つだけ叶うって本当に本当なの?

もちろん本当にゃ でも条件があるにゃ 本戦まで残った参加者は自分の叶えたい願いを全世界に向けて語ってもらうにゃ 

公序良俗に反する願いを言うわけにはいかないってわけね

何を願うのかも作戦の一つにゃ この人に勝って願いを叶えて欲しいと思わせたら 有利に対局を運べるかもしれないにゃ

麻雀は多人数で打つから「意図的に特定他家を有利にするように打つこともできる」という問題があるけど それも戦略に含めちゃうのね

そして願いを叶えるために 各スポンサーが全面的に協力するにゃ 参加費が100コイン 参加者が100万人だから 少なくとも1億コインは自由に使えるにゃ お金と人があれば 個人の願いなら大概叶うにゃ

亡くなった両親に会いたいみたいな お金を出しても叶わない願いだったらどうするの?

そこはスポンサーの腕の見せ所にゃ 一飜市の外れにある南満願寺ってお寺は 世界中を旅する過程で お釈迦様と芥子の実の話を追体験してもらうと言ってたにゃ

生老病死の運命から逃れることはできないけど 生死を超える道に出会うことはできるってわけね 人生も麻雀も思い通りにならないことばかりだけど 負けても全てを受け入れていけたら どんな運命だって素敵な運命なのかもね 

カーヴィのやつ いつも話をはぐらかしてばかりだけど 案外そういうことが言いたかったのもしれないにゃ でもやっぱり私は麻雀で勝ちたいにゃ

それならこれからも座学と実戦に励むしかないわね 「雀魂キャラと学ぶ手役入門」はこれにてお開き 次回からは本格的麻雀講座「現金麻雀技術論(仮)」が始まるよ!

開始時期は「中の人が魂天になったら」らしいにゃ 気長に待ってほしいにゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。